• トップページ >
  • 店舗情報
  • お店・会社情報

     

    とみまつくりーにんぐ ほんてん

    技術とまごころで奉仕!

    ・大木町プレミアム商品券使用可能
    ・おおきまち地域ポイント商品券取扱店

    基本情報

    連絡先(TEL)
    0944-33-1354
    ジャンル
    暮らす
    住所
    三潴郡大木町大字大角1855-1
    map情報
    ※お使いのパソコンやスマートフォンの環境によって、実際の現在地とは異なる位置が現在地として表示される場合があります。
    詳しくはこちら(Googleマップ公式ヘルプへジャンプします)

    前のページに戻る


    アイロンがけをする富松社長

    「全て手仕事」、「翌日仕上げ」で納得の仕上がり
    町で唯一の個人経営のクリーニング店のこだわり。

     クリーニングなんてどこでも同じと思っていませんか。もしくは、大事な服を信頼してお任せできるクリーニングのプロが近くにいたらいいのに、と思っている人は、いませんか?
     「クリーニングの富松」のこだわりは、自社工場にて全て手仕上げすること。単なるクリーニングに終始せず、普通にはとれないシミや汚れまでクリーニングによって最大限に取り除き、手仕上げで丁寧に仕上げてくれるのです。

    本店と2号店でフル稼働!
    小さなシミも見逃しません。


    本店

    「クリーニングの富松」は創業35年余りの老舗クリーニング店。大角にある本店と、


    2号店

    県道23号沿いの2号店で営業しています。

     本店には店舗に自社工場が併設されており、ここでベテランスタッフがお客様から預かった衣類を一枚一枚丁寧に仕上げていくのです。

     クリーニング店の社長にふさわしく、さっぱりとした笑顔が印象的な富松佳恵さんは、この道40年以上のベテランです。親戚のクリーニング店にて夫婦で6年間経験を積んだ後、大木町で夫と一緒にクリーニング店をオープン。外注せずに自社工場で全てを仕上げる丁寧な仕事が信頼され、長年同店に季節ごとの衣類を大量に持ち込む人は少なくないといいます。

     同店の自慢は、「全て手仕事」で、「翌日には仕上げる」ということ。作業を進めるのは、全員が熟練の女性スタッフで、気心の知れた同士なのでチームワークも抜群。それぞれの持ち場でスピーディに仕事を進めていきます。なるほど、翌日仕上げ」を謳っているだけあり全てが迅速です。午後取材にうかがった時にはその日の作業は全て終了していました。

     また、汚れやシミはできる限り取り除くことを心がけているので、酸化してしまった頑固なシミ以外は、無料で取り除いてもらえることも喜ばれています。

     長年の経験で、富松さんは持ち込まれた衣類を一目見たら、どんなクリーニングが最適なのか、取れるシミ汚れなのかどうかまで瞬時にわかるそう。汚れの種類や衣類の材質も様々なので、それらによって洗い方も様々。どれも一様に同じというわけにはいきません。
    「水洗いだけでなく、ドライでなければとれないシミもあるんですよ」と、富松社長。シミ汚れのチェックに厳しいスタッフが、洗いあがった衣類をさらに細かくチェックしてくれるということからも、同店のプロ意識の高さがうかがえます。こうした仕事の評判が評判をよび、他のクリーニング店で「(この汚れを落とすことは)できない」と断られた大事な衣類を持って、訪ねてくる人もいるのだとか。

    上質なドライ液を使いどの衣類も丁寧に仕上げ
    料金は良心的に明瞭に!

     同店は、大木町でチェーン店ではない、唯一の個人経営のクリーニング店でもあります。案内されて工場内をのぞいてみると、洗いたての衣類がズラリ。きちんと整理され整然と並ぶ様子は壮観です。


    アイロン台

    背広以外の衣類は洗ったらハンガーに釣って干し、立体乾燥機で乾かし、部位別に丁寧にアイロンをかけて仕上げていきます。


    背広用立体アイロン

    紳士物の背広は、立体アイロンであっという間にしっかりとプレス。
     婦人物はデリケート素材が多いため、乾燥機にはかけないなど、一つ一つの素材に沿って洗い上げていく工程も変えていきます。

     「どの衣類もお客様にとって大事なもの。大事なものには優劣つけない、ランク分けしないのが我が社のモットーです。どれも等しく大切に扱いたいんです」と、社長は語ります。
     そのため、同店の価格には金額によって洗い方を変えるランク分けはなし。どの衣類にも上質なドライ液を使用し、いつでも最高級の衣類を扱うつもりで丁寧に仕上げます。

     ただし、通常だとクリーニング代金が高くなる特殊素材やダウン類は別で、衣類の値段に応じた洗い方をしています。例えば、リーズナブルに購入した気軽なダウンを、高価なダウンと同じクリーニング価格にはしないという配慮も、消費者にとっては嬉しいところ。


    料金表

     こうした数々のこだわりを知った上で、店内に表示された価格表を見てみると、背広上下1050円〜、婦人服上下1000円〜、セーター450円〜、ダウンジャケット1500円〜、ワイシャツ180円〜等、価格も実に明瞭で良心的であることがわかります。

    来シーズンまで保管してくれる「預かりサービス」や
    筑後、大川、柳川、三潴、城島エリアは「集配サービス」も。

     さて、そんな同店には耳寄りな「預かりサービス」があります。クリーニングに出した衣類、じゅうたん、カーペット、こたつ布団、こたつ敷布団、毛布、寝具類等をそのまま次のシーズンまで無料で預かってくれる「預かりサービス」です。衣替えの手間も省け保管の場所も取らないので、利用する人が多いのだそう。自社工場のある同社ならではのサービスです。
     もちろん預かった衣類は確実に保管して、必ずお客様の元に返すよう最新の注意を払っています。

     また、裾上げ、ボタンつけ、簡単なほつれの修理等の補正も頼めるので、クリーニングのついでにメンテもしてしまいましょうか。

     着物は自社で洗いますが、皮製品、木綿入り布団、じゅうたんに関しては信頼できる専門業者に外注するので、通常クリーニングより多少時間がかかりますが、仕上がりには定評があります。

     洋服から和服、革製品まで大切な衣類のリフレッシュをしたいなら、まずここへ持っていきたい! そんなふうに思わせてくれるサービスのラインナップを知るにつけ、私も大切なものを託してみたくなりました。実は、最近は節約のため、自宅でクリーニングできる洗剤を使って洗濯する機会も増えていました。でも、取材を進めるうち、やはり長く着たい大切な服は同店のように大事に扱ってくれるクリーニング店にお願いしたいと素直に思えたのです。

     それに、いくら家で洗える洗剤が出回るようになったといっても、やはりクリーニングでなければうまく仕上がらない服はたくさんあります。取材時に、洗いあがったスーツの上着を立体的な人型に着せてそのまま高圧でプレスする工程を見たとき、「これは家では無理!」と感嘆したことが今も忘れられません。毎年職場見学に訪ねてくる小学生達も、この工程を見て必ず驚きの声をあげるといいます。やはり、プロに任せた方が良い衣類は必ずあるのです。

     そんなわけで、すぐにスーツやコート、ブラウスにストールまでクリーニングに出したい大事な衣類を選び、合計10点を山積みにして持ち込みました。もちろん、どれもピシリと美しい仕上がりで大満足度。本当は手洗いしようと思っていたお気に入りのブラウスも、柔らかな風合いそのままに皺ひとつない出来で、「自分で洗わなくてよかった」と、内心ホッとしたほどです。春に着ることが楽しみになりました。しかも、仕上がりもスピーディー!
     近場に信頼できるクリーニング店を一店知っていることは安心なことなのだと、しみじみ感じた次第です。

     今回私は自分で全ての衣類を持ち込みましたが、筑後、大川、柳川エリアならほんの少しの追加料金で集配もしてくれます。「カッター1枚でもうかがいますので、お気軽にね!」と、笑う富松社長の笑顔は、やっぱり最初の印象そのままに洗いたてのシャツのように爽やか。
     そんな社長の人柄に引き寄せられて、近所のクリーニング店には行かず、わざわざ隣町から同店を利用しているという常連さんもいます。忙しい時には、便利な集配サービスもぜひ利用したいところです。

     また、利用額の累計が2万円に到達したら1000円の割引サービスもあるので、こちらも見逃せません。ただしこれは、本店、2号店の各店舗ごとに別の累計額なので、どちらかの一店に決めてポイントを貯めるのがオススメです。


    社長と2号店のスタッフさん

    取材中も、次から次へと訪れるお客さんにテキパキと対応しながら衣類を1点ずつチェックし、常連さんとおしゃべりを楽しむ社長やスタッフの姿には、長年培ってきた技術と仕事への誇りが感じられます。
     こんなお店が近くにあったらいいのにな、そんな希望をかなえてくれる町のクリーニング屋さんです。

    (取材日2018年10月22日)

    店舗データはこちらから
    Copyright © 2017 OKI TOWN Society of Commerce and Industry. All Rights Reserved.